障害年金の種類

障害年金の種類

障害年金には

  1. 障害基礎年金
  2.  障害厚生年金 の2種類があります。

病気やケガで初めて医師の診療を受けたときに加入していた年金の種類によってどちらになるかが決まります。

国民年金に加入していた場合は「障害基礎年金」、厚生年金に加入していた場合は「障害厚生年金」に該当します。

① 障害基礎年金

国民年金は学生や主婦や自営業の人などが加入することになっている年金です。

国民年金に加入している間に負った病気やケガについて、障害年金の障害認定基準の「1級」「2級」に定めている障害の状態にあるときは「障害基礎年金」を受給することができます。

なお、初診日に20歳未満か、又は60歳以上65歳未満であるときは、年金制度に加入していない時期の初診日であっても、国民年金に加入していたのと同じ扱いになります。(ただし、日本国内に住所があるときに限る)

20歳未満の時に初診日がある場合は所得などの受給制限があります。

② 障害厚生年金

厚生年金はサラリーマンや公務員の人などが加入することになっている年金です。

厚生年金に加入している間に負った病気やケガについて、障害年金の障害認定基準の「1級」「2級」「3級」「障害手当金(一時金)」に定めている障害の状態になったときは「障害厚生年金」が受給できます。

障害年金でもらえる金額

障害年金の給付額(2018年度)

障害等級 障害基礎年金 障害厚生年金
1級 97万4125円+子の加算(※1) 報酬比例の年金額(※2)×1.25+配偶者の加給年金額(※3)
2級 78万9300円+子の加算(※1) 報酬比例の年金額(※2)+配偶者の加給年金額(※3)
3級 なし 報酬比例の年金額(※2)(最低保障額は58万4500円)
障害手当金 なし 報酬比例の年金額(※2)×2(最低保障額は116万9000円)

※1 子の加算は、第1、2子は各22万4300円、第3子以降はひとりにつき7万4800円
※2 報酬比例の年金額は、年金計算の元になる標準報酬月額(在職中の平均的な給与)で、勤続年数と給与の額によってきまる
※3 配偶者の加入年金額は、22万4300円