障害年金とは

障害年金とは

障害年金は、病気やケガで働くことや日常生活が困難な方に、国から支給される年金制度です。原則は20歳から受給することができ、要件に該当すれば若い方ももらうことができる年金です(65歳以上は制約あり)。

誰もが知っておくべき大切な年金制度ですがまだまだ認知度が低く、本来はもらえるはずなのにもらっていない方が多くいらっしゃいます。

ご本人・ご家族の方へ

ご本人あるいはご家族の方が障害年金を受給することに消極的なケースがあります。しかし障害年金を受給すれば一定の収入が補償され、より前向きな人生を歩むことができるのではないでしょうか。

これからの人生に向けて障害年金という制度をうまく活用してみませんか? 請求をしようかどうかと迷っておられる方は是非ご相談いただけたらと思います。

障害年金をもらいながら働く

「働いていると障害年金はもらえないの?」と相談を受けることが多くあります。基本的には「一概には言えません。もらえる可能性はあります。」とお答えします。国のデータでも65歳未満の障害年金受給者にうち、3割以上の方が障害年金を受給しながら働いているとされています。

障害年金を受給することにより、病気やケガとうまくつきあいながら無理なく自分のペースで働くことができる可能性が高まります。

請求をしようかどうかと迷っておられる方は是非ご相談いただけたらと思います。