明和グラビア㈱ 38年間のサラリーマン生活で心に残ったこと

 明和グラビア㈱大島康弘会長が先日89歳でお亡くなりになりまして、
9月15日に取引先、金融機関、明和OBなど1,000名近くもの方々が列席
し「お別れの会」が執り行われました。

 
 私が38年間の在職中で一番心に残ったことは、新人の頃に大島会長
(当時社長)から突然にさりげなく『荒木君。 ・・・だねえ。』と初めて名前
を呼んでいただいた時のこと
です。(・・・は失念しました)

 大勢の社員がいる中で私の名前を知ってくださっていたことに、とても
感激したことを思いだします。

 3年前、退職の挨拶をするために会長室をお伺いし、大島会長にその
事のお礼を申し上げると「そうかね。そんなこともあったかね。」といつも
の優しい笑顔で受け入れてくださいました。

 大島会長。本当にお世話になりありがとうございました。

 安らかにお眠りください。