(健) 退職した月の健康保険料は二重に支払うの?  ②「月末退職」と「同月内の取得と喪失」

前回説明しましたように保険料は

  1. 資格を取得した月は納めます。
  2. 資格を喪失した月は納める必要はありません。(資格喪失の日は退職日の翌日)
  3. 資格を取得した同じ月にその資格を喪失した場合はその月は一ケ月分の保険料を納めます。

 <月末退職の場合>

 通常のルール通りです。
 11/30に退職し任継に加入した場合は資格喪失日は翌日の12/1となり、同日12/1に任継の資格を取得します。
 したがいまして11月分保険料までは給与からの控除となり12月分は任継の資格を取得した月なので任継の保険料を納付することになります。
 (今までの保険証の有効期限は11/30までです。12/1からは任継の資格が発生)

 もし一日前の11/29退職であれば11/30資格喪失・任継取得になります。従って11月分は任継の資格を取得した月なので任継の保険料を納めることになります。
 給与から控除の場合は半額は会社が負担してくれますが、任継になると全額が自己負担になりす。
 ここでの一日の差は、負担方法の違いにつながります。

<資格を取得した同じ月にその資格を喪失した場合>

 この場合はその月一ケ月分の保険料を納めます。
 例えば11/5にA社を退職し任継に加入、その後11/25にB社に入社し加入した場

 ①11/06 A社資格喪失 喪失の月なのでA社分の納付は不要
 ②11/06 任継取得
  11/25 任継喪失   任継の資格を取得した同じ月に喪失。任継の納付必要
 ③11/25 B社資格取得 取得の月なので納付必要

 となりこのケースでは11月分は②任継分と③B社分の二つの保険料納付が必要になります。

 ・・・以上でこのテーマは終わります・・・  

 次のテーマは月末頃から「高額療養費」 の予定です。よろしくお願いします。